探索ブログ

日々の生活が少しだけ効率的になる方法、少しだけ得する方法を紹介する雑記ブログです。

漫画村・漫画タウン・ネタバレ漫画スポイラー。その後の気になる動きについて。

f:id:koichicom:20171028183701j:plain

ネタバレ漫画スポイラーや漫画村及びネタバレ横丁は、現在アクセスできない状況が続いており、閉鎖されてしまった模様。

閉鎖に関しての調査。さらに今後代わりとなるサイトについてまとめてました。

※違法にアップロードされたことを知りながら、WEB上で閲覧することが違法になる可能性があります。※

 

別のサイトに移動したのか?

ネタバレ漫画スポイラー現在漫画村Zという名前に変わっています。

運営者が変わったのかコンテンツが様変わりしています。

(4/14追記)漫画村も閉鎖されましたが、続いて漫画タウンができた模様。漫画タウンについて後程まとめます。

運営者が捕まったのか

このようなWEBサイト運営者は逮捕されるニュースが多いですが、ネタバレ漫画スポイラーに関しての運営者逮捕のニュースはありません。

 

現在の傾向としては、漫画の海賊版サイトを運営し、多額の収入を得たのちに、捕まる前にサイトを閉鎖して雲隠れするケースが多いように見受けられます。 

類似サイトの状況は? 

似たようなサイトの中に漫画村というのがあります。

このサイトは、ネタバレ漫画スポイラーの比ではなく、ジャンプの今週号がそのまま読めたり、ほとんどの週刊誌の最新号を網羅している怪物サイトです。

このサイト、4/11時点で閉鎖されました。そして4/12には漫画タウンという名前で復活を遂げていますが、現時点で運営者が同一化は不明。漫画タウンにアクセスしても閲覧することが出来ないほど非常に不安定な状況になっており、実質的に漫画村は閉鎖された可能性が高いです。

 

今までは、その漫画村からアクセスできるネタバレ横丁(ネタバレ横町)なるブログで

発売前の週刊誌のネタバレ最新話公開が行われていました。

(ジャンプは土曜日に公開。と記載がある)

さすがに、これは違法なんじゃないの?と思ってしまいますが、運営者いわく

WEB上にある漫画のデータをかき集めて表示しているだけ。

漫画村のサーバー上にはデータを置いていないから違法ではない。との記載があります。

※ネタバレ横丁(ネタバレ横町)には、違法性に関する記述は見当たりませんでした。

 

この漫画村やネタバレ横丁(ネタバレ横町)を閲覧することに関しては、閲覧する側の判断になりますので、あくまで自己責任でお願いします。

なお、現時点ではネタバレ横丁、漫画村、漫画タウンすべてアクセスができない、若しくは不安定な状況になっています。

漫画村とは

漫画村はネット上に落ちている画像を機械で収集して保存しているウェブ型クローンサイトです。 保存元で非公開になると見れなくなります。 サイトは無料で利用できます。
リクエストもできます。

権利者の方に

漫画村は日本国内のいかなる企業・個人との関わりはありません。 
10月以降漫画村自身のサーバーには画像を保管しなくなりました。また画像の保管元は漫画村と一切関係ありません。 画像の削除依頼は画像の保管元にお問い合わせください。

引用元:漫画村について

 

 閲覧するだけで問題が発生するのか?

法律上の問題はしっかりとした判断がつきませんでした。違法とと知りながらダウンロードすることはやめましょう。

www.riaj.or.jp

 

閲覧した場合、表示される広告が危険のもと

海賊版サイトでは、画面いっぱいに表示される広告や、次のページに進めるかの如く見せて、実は広告先に飛ばすようなものがあります。

この広告先にアクセスしてしまったせいでなにかのトラブルに発展する危険性があります。

さらに悪質な場合、WEBサイト上にウィルスを仕込んでいることがあります。

 

最も強力なケースだと、そのサイトを閲覧しただけで感染します。

最新ウィルスは常に先行型です。セキュリティソフトやOSのアップデートは、ウィルスを認識してから対策をうちます。

このため、セキュリティ対策ソフトにて完全に防ぎきることは非常に難しいです。

ネタバレ横丁や漫画村で広告を表示させない方法

実はiphoneにちょこっと仕掛けを入れると、ネタバレ横町や漫画村で広告が表示されなくなり非常に閲覧が快適になります。

それは、広告をブロックするアプリをインストールするだけ。

 

adBlocker、広告ブロッカー、1Blocker等がありますが、現在は280blockerが最も優れた広告ブロッカーアプリと言えるでしょう。

280blockerは、現在Appstoreでランキング1位になっています。

280blockerのすごいところは、定期更新があること。広告側もブロッカーを避けようと日々更新してくるので、280blocker側も負けじとアップデートしてくれるんです。以前わたしが使っていたadBlockerは有料でしたが、この機能がありませんでした。

広告ブロックはウィルス対策の一部と言えますので、ぜひ一度お試しで280blockerをインストールすることをお勧めします。

f:id:koichicom:20180220151205j:plain

 

合法に漫画を楽しめるサイトは存在する

合法にでも漫画を十分に楽しめるサイトは沢山あります。

おすすめのサイトを紹介します。

 

漫画読破EX

現在13,000冊の本が無料で読める。漫画雑誌で連載していた大人気漫画から、話題のweb漫画、胸キュンのTL・BL、レディースコミックまで充実。登録不要で、気軽に試すことができる

ブッコミ(BookLive!コミック)公式サイト|漫画無料試し読み

link-a.net

まんが王国

まんが王国はスマートフォン・タブレットでコミックが読める電子コミック専門サイト。

漫画の数が最大級。特に少年漫画、青年漫画、少女漫画、女性漫画が豊富。

スマホとタブレットに特化したサイトです。

スキマ

ちょっと空いた時間に漫画を読もうをスタンスとしている本サイトは、17000冊以上の品ぞろえ。最後までマンガ無料読み放題のWebサイト。少年漫画、少女漫画、青年漫画、女性漫画に強い。無料会員登録をすれば、読める漫画がさらに多くなります。

www.sukima.me

 

全く同じ名前のサイトを発見!

”無料ネタバレ漫画スポイラー”いう名前のサイトを発見。

カテゴリーを見ると、週刊誌のネタバレではなく、漫画の単行本がWEB上で読めるようです。と思いきや、WEBサイトの一番下までいくと、24時間 人気書籍ランキングというのがあり、週刊誌も揃っている様子。。カラーだし以前のような縦スクロールではなく横スクロール(画面の左端をタップすると次のページにいける)だし、完全にパワーアップ版の漫画スポイラーとなっている。ただ、サイト名が漫画スポイラーなのに、URLが”mangatown”になっていたり、サイトの違法性に関する確認を取ろうとしても、全文英語で説明されていて、やはり違法性が高い、危険なサイトである疑惑は否めません。このため、今回この発見したWEBサイトに関して閲覧を行う場合、完全にご自身の自己責任でお願いいたします。閲覧による被害について、本サイトは一切の責任を負いません。

最近はこっちで漫画を読む人が多い(5/26追記)

インスタやTwitterでよく見かける広告が気になってピッコマをインストールしましたが、広告に出ている漫画のタイトルが分からなくて困りました。周りでも結構同じ境遇の人が多かったので、調べてまとめてみました。

www.koichicom.net